::: Diário :::

welcome to my Blog ~  ~ 

Title  - スポンサーサイト -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--/--(--:--)  CO:-  TB:-  CA:スポンサー広告   

Title  - 母の日 -

昨日の母の日。
母が亡くなってはじめて迎える今年の母の日、私にとってはかなり辛かった。
4月に入ったとたん、お店はどこもかしこも母の日母の日と書いてあり、
赤いカーネーションが眩しいくらいキラキラして見えた。

「母の日」の文字を見ると、
それまで何ともなかった私の心は針が刺さったように痛み、
例えお店だろうが人がまわりにたくさんいようが、そんな事お構いなしに涙が出た。
ボロボロ涙を流しながら買い物をしたり、
どうにもならないくらい涙が出て車に戻ったり…そんな一ヶ月だった。

母は去年の6月、私達に何のお別れも無しに突然逝ってしまった。
苦しいとも悲しいとも何も言わず。。。

普段どおり元気に朝を迎え、父と朝食を摂ったらしい。
その後いつものように食卓で、昨日あった事を手帳に書き記し、
その後…テレビを見てソファーでウトウトしていた父のそばで倒れていた。。。
父が気がついた時は、もうすでに息をしてなかったらしい。
どんなにか苦しかっただろう、助けてほしくても声も出なかったのかな・・・
そんな事が頭から離れなくて。

こんなに急に別れが来るなんて思ってもみなかった。
やり残した事が多すぎて、ああすれば良かった、こうすれば良かったと思う事ばかり。
せめて、 「産んでくれてありがとう。お母ちゃんの子で良かった。」
これだけでも言いたかった。。。
後悔だらけの毎日で、後悔だらけの11ヶ月だった。

もし私が母と同じ年まで生きるとして、、、あと44年。
あと44年間も母に会う事がなく、声を聞く事もなく過ごさなければならない。
そんな事を思うと、ただ涙が出て声を張り上げて泣きたくなる。
これから44回も泣きながら母の日を迎えるのか・・・・・・
母の日なんて無ければいいのに・・・・・・・・

そう思ったのに・・・考えてみれば私自身も一児の母だった。
朝起きてみると冷蔵庫に可愛い手紙が貼ってあった。
 「いつも優しくて、勉強が分からなかったら教えてくれて、
  料理が上手で面白い事をいっぱい言って笑わせてくれる所が大好き。
  いつもありがとう。」って・・・。 

それを見たら涙が出て。。。
あぁ、今日は私の日でもあるんだ…
母の日が無くなればいいなんて、いい年した大人が情けない…
この子の為にも、母を安心させる為にも、もうちょっとしっかりしなきゃ。。。

そんな事を息子に気づかせられた一日だった。
ありがとね。。。頑張るよ。。。



スポンサーサイト
Date:2005/05/09/Mon(00:00)  CO:0  TB:0  CA:独り言   

FC2Ad


Dog font Maniackers Design
Log in*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。